お腹のたるみを落とす

お腹のたるみの基本的なメカニズムというのは、支えるものよりも支えられるものの方が重くなり、支えるものが重みに耐えきれず、ずり落ちるという仕組みである。それらは内臓であったり、それに伴う脂肪であったり水分によるむくみであったり、筋肉であったり骨や骨盤であったりする。それらを解消するために一番良いのは運動だが、運動はしたくない、出来ない、という向きのなんと多いことか。少しの運動で途端に好循環に入るのだが、現代人にとっては意外とハードルが高かったりもするので仕方ない。また、食事制限によるカロリーコントロールも続かない人が多い。そんな人は毎日がチートデイになってしまうという笑えない話もある。
そうすると他人の手を借りねばならない。具体的にはエステやマッサージということになる。それらは脂肪を揉み出し、燃焼させたり、リンパの流れや血行を良くしてむくみを取ったりすることが出来る。
また、超音波で外側から脂肪に働きかけ、燃焼させるものもある。これは比較的高額なため、人を選ぶが。
最後の手段としては脂肪吸引というものがある。これはお腹に管を差し、脂肪細胞をかき出すというものである。これには価格的なデメリットに加え、麻酔使用などのリスクがあるため、この手段を取るにはよくよく考えてからにしてほしい。