腹筋運動でお腹のたるみを解消

腹筋運動とは非常に原始的で基本的な筋力トレーニングである。原始的で基本的であるから、腹筋を始めとして、腕立て伏せ、背筋、スクワットなどは体育で義務付けられているのである。それらは付けようと思えばいくらでも負荷は掛けられるが、基本的に我々一般人にとっては器具などはいらない。自重トレーニングで十分、身体に必要な負荷をかけることができる。
今回はお腹のたるみがテーマということだ。お腹のたるみというものは、脂肪を落とせば良いというものではない。脂肪だけを落としたところで、筋肉を鍛えなければ皮膚がたるんでしまったまま、それ以上改善はしない。しっかりとした筋トレをしなければ、お腹のたるみは取れないのである。
鍛えるべきは腹筋、細かく分けると腹直筋、腹斜筋、腹横筋である。要は左、真ん中、右というワケである。何やらスロットのような話ではあるが、健康的には180度反対の話だ。
常識的な腹筋、いわゆるクランチをすればいいわけだが、クランチで起き上った際に左にひねったり右にひねったりすることで、腹斜筋や腹横筋にも負荷をかけるのである。またその際、腹式呼吸を併用することにより、効果と消費カロリーを増大させることができる。腰に気を付けてやってみよう。